いつ作成すべきか

遺言書のイメージとして、命が潰える直前に震える手で認める、あるいは看取る家族が一生懸命聴き取って書き遺す、そんなイメージが拭えませんが、これは大きな間違いです。またご自身がしっかりされている間、寿命が残りすくない時期を迎えてから作成すれば大丈夫とお考えの方々もおられますが、これも正しい判断とは言い切れません。

考えたくはありませんが、不慮の事故に遭遇する、突然の重大な疾病の発病に襲われるなど、私達の生命が抱えるリスクは、必ずしも年齢だけと関係性を有している訳ではありません。極端な話、今この瞬間に作成から準備しておいても早過ぎない重要な効力を有する書面、それが遺言書なのです。

何より私達にとって避けられぬ「老い」は、正常な判断力や的確な意志表示に大きな障害をもたらします。痴呆と称されるこの症状故、ご自身の財産分与の意向を正しく伝えられないとなれば、悔やんでも悔やみ切れぬのみならず、その心中を看護するご家族が気づく事も叶いません。心身健全でご自身の意思を明確に第三者に伝えられるうちに作成すべきなのが、遺言書なる「伝えたい伝えるべき人達へのラストメッセージ」なのです。ちなみに一旦作成した遺言書は半永久的な効力を有する訳では無く、複数回の最新版への修正や再作成が可能です。